「日本庭園のもうひとつの見方―デザインする立場から、作庭者のおもいやかたちを紐解く」

 

作庭者のおもいを、物語として受け止め庭園鑑賞することはとても楽しく、創造的なことです。

コンセプトを理解し、爛瓮縫紂辞瓩鬟廛蹈哀薀牴修掘空間システムを再構築したい。

そして作者のこだわったデザイン、ディテールを読み込み楽しみたい。

 

◎鑑賞研究委員会主催 東京都支部共催 講演会

戸田芳樹氏 講演会

「日本庭園のもうひとつの見方―デザインする立場から、作庭者のおもいやかたちを紐解く」

 

講師プロフィール:

ランドスケープアーキテクト連盟会長。株式会社戸田芳樹風景計画代表取締役。広島市尾道市出身。

東京農業大学造園学科卒業。東京・京都にて庭師の修行後、アーバンデザインコンサルタント(代表黒川紀章)を経て、1980年戸田芳樹造園設計室を設立、後に株式会社戸田芳樹風景計画と改称。シンプルでダイナミックな空間でありながら、暖かく柔らかい空気の味付けと、こまやかなディテールの作品を創り続けている。

1989年東京農業大学造園大賞、1995年修善寺「虹の郷」造園学会賞を受賞。

2014年茅ヶ崎市景観まちづくりアドバイザー、2016年朝霞市緑化推進委員長、 2017年中国中山市都市顧問、同年登録ランドスケープアーキテクトフェロー就任。

 

●日時:2019年11月24日(日)14:00〜15:30

●会場:日本女子大学桜楓2号館4階 ホール

    東京都文京区目白台2-8-1

●料金:会員・一般2,000円/学生1,000円(当日受付にて精算)

●締切:11月14日(木)

●申込み先:(一社)日本庭園協会 事務局

お申し込みフォームはこちら

TEL/FAX:03-3204-0595

 

当協会初代理事長でもある、本多静六博士の研究者である岡本貴久子氏から研究発表会 のお知らせです。

 

◎公開学術シンポジウム

『「代々木の杜」のなかの文化的連続・非連続―神社・森林・自然の関係性 再・再考―』

 

●2019年10月26日(土)13:30-17:00

●場所:明治神宮社務所講堂

    渋谷区代々木神園町1-1

 

●登壇:

 岡本貴久子(奈良県立大学ユーラシア研究センター客員研究員)

「再考・本多静六その人となり―大正10年 大日本山林会吉野巡察一考―」

 

 田村義也(南方熊楠顕彰会学術部長・成城大学非常勤講師)

「神社と神社林の近代―南方熊楠と紀南の森―」

 

連絡先:明治神宮国際神道文化研究所

http://www.meijijingu.or.jp/miri/about/index.html

 

参加申し込み・詳細は下記PDFをご覧ください。

http://nitteikyou.org/blog/R11026_maijijingu.pdf

10月19日(土)〜23日(水)第17回 日比谷公園ガーデニングショー2019


昨年と同様、テントブースにて日本庭園協会の告知展示をいたします。

皆さん、お誘い合わせの上、ぜひ足をお運びください。

 

イベント詳細につきましては、公式ウェブサイトをご確認ください。

日比谷公園ガーデニングショー2019

11月10日【埼玉県支部】土に関する研修会『Seeds』 土と竹でつくる作品『Seeds』の研修会第3回目のお知らせです。

内容は、前回までの研修会で躯体づくりから荒土塗りまでを行いました。今回は荒土塗りの手直し、成形と土佐漆喰材料作り(仕込み)を行う予定です。埼玉県支部の研修会になりますが、多くの皆様に参加していただけるようお待ちしています。

 

◎埼玉県支部主催

土に関する研修会『Seeds』第3回目

 

●日程:2019年11月10日(受付 8:30/開始9:00)

●会場:JAさいたま大宮緑花木センター

    埼玉県さいたま市北区見沼3-22

●参加費:3,000円

●お申し込み・お問い合わせ:埼玉県支部

 増田 masuda2622@jcom.zaq.ne.jp

●締切:11月2日(土)

 

★昼食は実費にて申し受けます。宿泊は各自で手配して下さい。

◎講演・見学会

『現代日本庭園の巨匠たちの庭を訪ねる

 第1回 岩城 亘太郎〜その仕事を見る・知る・語る〜』

 

●日時:2019年12月7日(土)13:30〜15:30

●場所:TKP麹町駅前会議室(講演)/ホテルニューオータニ 日本庭園(見学)

●講師:(一社)日本庭園協会名誉会長 龍居竹之介・(株)岩城 荒川設計部長

●受講料:2,000円

●定員:30名

●申込み先:(一社)日本庭園協会 事務局

お申し込みフォームはこちら

TEL/FAX:03-3204-0595

◎みんなの緑学

『現代日本庭園の巨匠たち〜その作庭手法と庭園観〜
第1回 岩城 亘太郎』

 

●日時:2019年11月9日(土)13:30〜15:30

●講師:(一社)日本庭園協会名誉会長 龍居 竹之介・(株)岩城 岩城 隆

●会場:緑と水の市民カレッジ2階

●受講料:2,000円(資料代)

●定員:30名

●申込み先:(一社)日本庭園協会 事務局

お申し込みフォームはこちら

TEL/FAX:03-3204-0595

『水と緑の市民カレッジ』今年度後期(2019.10〜2020.03)のスケジュールが公開されました。

 

詳しくはこちらのPDFでご確認ください。

『水と緑の市民カレッジ』パンフレット(PDF)

宮城県支部が発行する会報『風が吹く』2019夏号が発刊されました。

『風が吹く』は、四季ごとに年4回発行し、会員、記念庭園築庭の支援者、各県支部、近隣の市・町と被災した東北沿岸の自治体、遠くは米国・英国の日本庭園関係団体へ配布します。

 

→『風が吹く』2019夏号PDFはこちら

→『風が吹く』創刊号PDFはこちら

 

風が吹く2019夏号

協会きっての路地づくりの達人である金綱重治親方の直接指導が受けられる、またとない機会です。

蹲踞周りの土の造形や修景全般に対する空間構成など、自然と向き合って培われた美意識を、肌で感じ実体験してください。

 

◎神奈川県支部

金綱重治氏に学ぶ蹲踞の据付研修会

 

●日時:2019年9月28日(土)〜29日(日)2日間

●集合場所・会場:小田原市 総世寺

 神奈川県小田原市久野3670

●集合時間:8時30分

●講師:金綱重治氏

●内容:蹲踞据付け

●参加費:10,000円(弁当代、お茶代、傷害保険料込)

●締切日:9月15日(月)

●申し込み・問合せ先:清水哲也(神奈川県支部長)

携帯:090-3475-4591

メール:odawarazouen@chive.ocn.ne.jp

 

※28日夕刻より懇親会あり。宿泊は各自手配願います。

当協会の定期刊行物「庭園協会ニュース」第97号を2019年(平成31年)7月31日に発行しました。

 

「庭園協会ニュース」第97号PDFはこちら

 

 

主な内容:巻頭言「庭をつくる人と味わう人」小沼康子/定期総会報告/伝統庭園技塾「盪淆任噌崕会」/静岡県支部・本部共催講座『遠江地方の作庭を学び庭を巡る』/鑑賞研究委員会『春の日帰り庭園見学会—千葉県成田〜佐倉地区』報告/キューガーデンのガーデナー、覚照寺へ/文化財指定庭園保護協議会総会報告/編集委員コラム「木になる葉なし」鈴木貴博(16P)

 

庭園協会ニュースは日本庭園協会公式サイトより、PDFで67号〜最新号までの全文がお読みいただけます。 

 

 →日本庭園協会公式サイト【庭園協会ニュース】バックナンバーはこちら


Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Link

Selected Entry

Archive

Mobile

qrcode

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM