平成28年度の日帰り庭園見学会は、山梨県塩山を中心とする古刹の名庭園を龍居竹之介名誉会長と共に楽しむ旅です。多数のご参加をお待ちしております。

 

説明をする龍居竹之介名誉会長

 

◎鑑賞研究委員会主催

秋季庭園見学会 ―龍居名誉会長ご同行―

「山梨県塩山周辺の庭に親しむ」

 

●日時:11月13日(日)

 

●見学予定先:(順不同・変更になることもあります)

甲府市塩山 恵林寺庭園〈国指定名勝〉

甲府市塩山 向嶽寺庭園〈国指定名勝〉

甲府市大和村 栖雲寺庭園〈国指定名勝〉

甲府市勝沼町 大善寺庭園〈国指定名勝〉

甲府在住会員の作庭作品 うぐいすの森

 

●集合場所・時間:JR塩山駅 改札 10:10集合

時間厳守、日本庭園協会の紫色の見学会旗が目印です。

(解散場所と時刻は、JR甲府駅 17:40〜19:00ごろ)

 

●参加費:会員13,500円 一般15,000円

※貸切バス、昼食、拝観料、イヤホンガイド、保険などを含みます。

 

●定員:30名 ※定員になり次第、締め切らせていただきます。

 

●締切日:10月31日(月)

参加費用の締切も同日ですので、お早めにお申し込み・お問い合せください。

 

●申込み・問合せ:(一社)日本庭園協会

お問い合わせ・申込フォームはこちら

(お申込の場合は、質問記入欄にお申込の旨、ご記入ください)

TEL&FAX……03-3204-0595

 

鑑賞研究委員会の庭園見学会

埼玉県支部と埼玉建築士会さいたま北支部が合同で、「雲上の茶席」を構築します。また、知人等興味関心のある方をお誘いの上万事お繰り合わせて参加していただきますようかさねてご案内いたします。

 

◎埼玉県支部

「雲上の茶席」

 

日程:構築 2016年10月21日〜26日

   茶会 2016年11月6日

   片づけ 2016年11月27日、28日

 

会場:JR北浦和駅前 北浦和公園内

駐車場が用意できません。公共交通機関、コインパーキングなどを利用して下さい。

 

作業内容

10月21日 準備 地割り・舞台やりかた 集合8:30

10月22日 竹切り出し

10月23日 竹割 舞台構築  集合8:30

10月24日 舞台構築 腰掛け構築  集合8:30

10月25日 仕上げ 集合8:30

11月6日 お茶会

11月27日 片づけ

11月28日 片づけ

 

持ち物:竹割、竹割り鉈、竹引き鋸等用意して下さい。

 

※22日の竹切り出しは、3カ所で行います。参加者を確認してから配置を割り振り、 集合時間等詳しい内容を参加者にご連絡します。

 

申込・問い合わせ:埼玉県支部 増田

複数日にわたっていますので、参加日をご連絡ください。

Fax:0480-32-5633

メール:masuda2622@jcom.zaq.ne.jp

※宿泊を希望される方はご相談下さい。

 

締切:10月10日

 

季刊誌「庭」の発行のタイミングに合わせて開催される「庭 NIWA シンポジウム」。

今回は創刊40周年を記念し、初代編集長でもある当協会名誉会長 龍居竹之介と、「庭」の特集「昭和を彩る作庭家・造園家の群像」に携われた東京農業大学准教授 粟野隆氏の対談が行われます。

ぜひご参加下さい。

 

◎neuf、建築資料研究社/日建学院 主催

第5回 庭 NIWA シンポジウム

「庭の未来へ」

 

登壇者:龍居竹之介、粟野隆

モデレーター:澤田忍(庭誌編集長)

日時:2016年10月22日(土)10:00〜12:00

 

会場:清澄庭園 大正記念館

〒135-0024 東京都江東区清澄3-3-9

都営大江戸線・東京メトロ半蔵門線「清澄白河」(E14・Z11) 駅下車 徒歩3 分

入園料 一般150 円、65 歳以上 70 円

 

参加費:3,000円(当日受付にてお支払い下さい)※定期購読者は優待価格 1,500円

定員:100名

お申し込み方法:お申し込みフォームはこちら

http://niwamag.net/archives/1059

 

お問い合せ:

建築資料研究社

 

●懇親会

シンポジウム終了後に、参加者、登壇者問わずに、昼食を食べながら庭について意見交換や交流の場が設けられます。

場所:未定(シンポジウム会場近くを予定しています)

参加希望の方には、決まり次第、会場と会費をメールでお知らせします。

 

斬新な形の兎石で有名な枯山水庭園、山口県防府市「月の桂の庭」の今年度公開日が、11月23日(土)13日(日)に決まりました。 通常非公開ですが年に一度だけの公開です。興味のある方はお見逃しなく。 詳細を知りたい方は山口県支部長 殿井正敏(090-3176-6272)にご連絡ください。

 

(以下、防府市公式ページより転載)

 

防府市観光情報

http://www.city.hofu.yamaguchi.jp/site/kankou-site/tukino.html

枯山水の幻の名庭

月の桂の庭と言われている桂家の庭は、四代桂運平忠晴(1664年〜1747年)が正徳2年(1712年)に造ったものと伝えられている。山を背にし、南に面した日あたりのよい小高い静かな昔の武家屋敷で、前面には防府平野が開け、左には天神山、中央に桑山、そして前面は佐波川が南流する眺めのよさで、借景としては格好の場所である。庭は白砂に石を組み合わせただけのいわゆる石庭で、その簡素さと借景の美しさと環境の静けさが一体となって、雅趣をただよわせている。忠晴は当時佐波川河口で干拓の大事業をすすめていたが、その事業の成就のため兎肉をたち、書院の縁先、あるいは庭の石により月に祈願したという。月の桂の庭の名は、その月待(つきまち)の行事に由来する。(月待行事旧暦11月23日)

【月の桂の庭】

住所: 防府市大字右田1091-1

交通: JR防府駅から車で約10分

   まちの駅うめてらすから車で約5分

公開:毎年11月上旬の2日間限定公開

   ※平成28年公開予定:平成28年11月12・13日(土・日)

公益財団法人東京都公園協会 緑と水の市民カレッジ にて、常務理事 望月敬生が講習をします。どなたでも参加できますので、ふるってご参加ください。

 

◎(公財)東京都公園協会 緑と水の市民カレッジ講座 2016年後期

 

【みんなの緑学】講座NO.52

「庭園と建物を語る〜庭と建物は本来一体である〜」

 

日本庭園における庭園と建物は、本来同一に捉えられていましたが、近年は庭園と建物が分離されており、庭園本来の機能が失われています。当協会常務理事より庭園と建物の関係性を分かりやすく解説し、庭園本来のあり方である庭屋一如とは何かを読み解きます。

(講座パンフレットより)

→ 講座パンフレット(PDF)

 

講師:望月敬生(当協会常務理事)

 

日時:11月16日(水)14:00〜16:00

 

受講費:2,000円

 

会場:緑と水の市民カレッジ

東京都千代田区日比谷公園1-5

東京メトロ丸ノ内線、千代田線「霞ケ関」下車 徒歩3分
東京メトロ日比谷線「日比谷」下車 徒歩5分
都営地下鉄三田線「内幸町駅」下車 徒歩5分
JR山手線「有楽町駅」下車 徒歩15分

 

●申込み・問合せ:

(一社)日本庭園協会

お問い合わせ・申込フォームはこちら

(お申込の場合は、質問記入欄にお申込の旨、ご記入ください)

TEL&FAX:03-3204-0595

白駒池は、北八ヶ岳の広大な原生林の中に、満面に清水をたたえた神秘的な湖。標高2,000メートル以上の湖としては日本最大の天然湖です。 その周りには、樹齢数百年の時を刻んだツゲ、トウヒ、シラビソの原生林が広がり、その下には、まるで緑のじゅうたんを敷きつめたような苔が一面に広がっています。

そこには、485種類もの苔が生息する「苔の森」です。全国で11ヶ所選ばれている「日本の貴重な苔の森」のひとつです。例年10月上旬には紅葉の見ごろを迎えます。

今回は、バスをチャーターし、この白駒池を散策し、その美しい景観を堪能しようと思います。

 

 

◎東京都支部 主催

「白駒池 苔と原生林」の見学会

 

●日程:平成28年10月1日(土)〜2日(日)1泊2日

 

●集合:JR八王子駅 南口 AM6:45

●費用:会員 25,000円(師弟等含む)/非会員 30,000円

 

●定員:40名(先着順)

 

●申込:下記、申込フォームからお申し込み下さい。

→申込フォーム 東京都支部主催見学会 申し込みフォーム(誠和造園内ページ) 

 

●申込締切:9月20日(火)

 

●行程予定:1泊2日 チャーター便のバスで移動

1日目…JR八王子駅 南口集合 ー 中央高速道 ー 白駒池(苔と原生林散策) ー 昼食 ー 宿泊施設着

2日目…朝食後白樺散策 ー 昼食 ー 帰路 中央高速道 ーJR立川駅・新宿駅、各々解散

 

●お問い合せ:東京都支部長 加藤精一 090-1421-5046

愛知県支部からのお知らせです。


愛知県支部では、第9回目となる「石積み講座」を開催いたします。基礎編、中級編とし基本の石積みと実際を学ぶ講座となります。 

毎回好評の講座ですので、ぜひお早めにお申し込み下さい。

 

 

◎愛知県支部 主催
第8回 石積み講座(基礎編/中級編)
―石積みの実際を学ぶ― 

 石積み初心者から経験者まで技量に応じた研修内容を準備しています。 
●日時:平成28年11月19日(土)〜20日(日)
※雨天決行(大雨等順延)
●会場:(株)おしゃ楽 常滑資材センター

愛知県常滑市金山字西石田51

 

●講師:鈴木庭苑・鈴木富幸/小泉植物園・小泉吉永/
兼創園・兼子博行/梅村庭苑・梅村龍太郎

●内容:
【1日目】
11:00 受付開始(各自、昼食後集合)
12:00 講座開始 座学(石積みの理論を学ぶ)実演講義
15:00 基本作法を応用し石積み開始
※受講者は技量に応じ1.8mスパン、高さ0.4〜1.2mを積んで頂きます。石種は「木曽石(野面積み)」「カナダ産玄武岩(小端積み)」の2種類で希望の石を選んで頂き石種に合った積み方を学びます。
日没後 宿泊施設に移動
夜   夕飯とミーティング/復習と翌日の予習、その他庭談義

【2日目】
8:00 石積みの実践
17:00 石積み終了、皆で講評、解散

●参加費:43,000円(テキスト代、宿泊費、初日夕食・2日目朝食・昼食代含みます)
●定員:16名
●締切日:定員になり次第、締め切らせていただきます。
●申込み・問合せ: (株)おしゃ楽安城本社石積み講座事務局
TEL 0566-73-6881
担当 吉川聡子

 ※服装、道具、集合場所、宿泊地などの詳細は、お申し込み後に連絡いたします。

愛知県支部からのお知らせです。

 

愛知県支部では、第1回目となる「石積み講座 in 世田谷」を開催いたします。石積み初心者から経験者まで技量に応じた研修内容を準備しています。

 

 

◎愛知県支部 主催

第1回 石積み講座 in 世田谷

―外空間に石積みの景を取入れる―

 

●日時:(1)平成28年10月22日(土)〜23日(日) ※雨天決行(大雨等順延)

●会場:世田谷ガーデンクラブ

    東京都世田谷区用賀1-26-16

 

●講師:鈴木庭苑・鈴木富幸/梅村庭苑・梅村龍太郎/ 城グリーン・倉繁望/湘南庭風・西窪周二郎

 

●内容: 【1日目】

11:00 受付開始(各自 昼食後集合)

12:00 講座開始 座学 実演講義

15:00 基本作法を応用し石積み開始

※受講者は技量に応じ1.8mスパン、高さ0.4〜0.9mを積んで頂きます。石種は「木曽石(野面積み)」「カナダ産玄武岩(小端積み)」の2種類で希望の石を選んで頂き石種に合った積み方を学びます。

17:30 初日終了 解散

※宿泊は各自ご手配をお願いします。夕食は自由参加の懇親会を予定しております。(宿泊費・別途 懇親会費・当日別途)

【2日目】

9:00 石積みの実践

16:00 石積み終了 講評

17:00 解散

 

●参加費:38,000円(テキスト代、保険代、2日目昼食代を含みます)

●定員:10名

●締切日:(1)10月8日(土)※定員になり次第、締め切らせていただきます。

 

●申込み・問合せ: (株)おしゃ楽安城本社石積み講座事務局

TEL 0566-73-6881(担当 吉川聡子)

 

※服装、道具、集合場所、宿泊地などの詳細は、お申し込み後に連絡いたします。

当協会の定期刊行物「庭園協会ニュース」第85号を28年7月31日に発行しました。
「庭園協会ニュース」第85号PDFはこちら




主な内容:巻頭言「日本庭園協会のさらなる躍進を〜庭園文化の継承と発展」高橋康夫/定期総会報告/追悼記事:武部外喜寛氏・山田昌次氏/鑑賞研究委員会「日本庭園から学ぶ日本人の心と癒しー今こそ求められるジャパノロジー」要約/国際活動委員会:フロリダでの国際会議に参加して/新会長高橋康夫プロフィール/支部活動報告/支部だより:島根県支部/この若者に注目(3)/木になる葉なし(4)(16P)


庭園協会ニュースは日本庭園協会公式サイトより、PDFで67号〜最新号までの全文がお読みいただけます。 

 →日本庭園協会公式サイト【庭園協会ニュース】バックナンバーはこちら

平成28年度の「伝統庭園技塾」を昨年に引き続き「東日本大震災復興記念庭園築庭事業」として宮城県黒川郡において開催いたします。

平成25年度から5年計画で完成を目指している東日本大震災復興記念庭園築庭事業も4年目を迎えました。ぜひふるってご参加ください。
つきましては9月20日までに参加申し込みをお送りください。
◎平成28年度 伝統庭園技塾
●期間:平成28年10月11日(火)〜15日(土)〈4泊5日〉
●定員:50名
●資格:原則として(一社)日本庭園協会会員ないしその子弟
   「東日本大震災復興記念庭園築庭事業」に賛同するもの
●講師・スタッフ:
廣瀬慶寛(塾長)
菊池正樹(築庭事業総括)
高橋康夫(日本庭園協会会長)
内田均(東京農業大学短期大学部 環境緑地学科教授)
桃井雅彦(函館)
横山英悦(宮城)
山村正作(山形)
吉田愛輝(青森)
伊藤一郎(宮城)
小泉隆一(福島)
竹田利光(宮城)
熊谷裕典(宮城)
●研修内容:1.護岸石組工 2.植栽工(高木植栽・苔はり)3.園路工
夜は、講師と塾生の皆さんとの討論会、講義。最終日は施工箇所の批評など。
●会場:覚照寺

●参加費:協会員・子弟 60,000円(宿泊費、食費、懇親会費、教材費込み)
    会員外 70,000円(宿泊費、食費、懇親会費、教材費込み)
●宿泊:遠藤旅館 宮城県黒川郡大和町吉岡上町20
●締切日:9月20日(火)※定員になり次第、締め切らせていただきます。
●申込み・問合せ:
(一社)日本庭園協会
(お申込の場合は、質問記入欄にお申込の旨、ご記入ください)
TEL&FAX:03-3204-0595
宮城県支部事務局 泉作庭 熊谷裕典
〒981-3225 仙台市泉区福岡字西泉24
TEL:022-379-2306 /FAX:022-379-4166
お申込受付後、詳細資料と振込用紙をお送りします。
→【東日本大震災復興記念庭園】についてはこちら


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< October 2016 >>

Link

Selected Entry

Archive

Mobile

qrcode

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM