長い歴史の中で、作庭家たちは日本人の持つ美意識を和の空間として日本庭園を実現しました。私たちは自然を見立てた、この美の空間に心の癒しをおぼえます。この講演で、庭園のソフト面とも言えるものをジャパノロジーの視点からあらためて考えてみましょう。



◎鑑賞研究委員会主宰
龍居竹之介名誉会長 講演会

●日時:平成28年4月17日(日)13:30〜15:00
    茶話会 15:00〜15:30(自由参加)
●会場:日本女子大学桜楓2号館3階

●参加費:会員・一般 2,000円/学生 1,000円
●定員:70名
●締切日:4月12日(火)

●申込み・問合せ:(一社)日本庭園協会
お問い合わせ・申込フォームはこちら
(お申込の場合は、質問記入欄にお申込の旨、ご記入ください)
TEL&FAX……03-3204-0595

鑑賞研究委員会では、6月に予定されている春季庭園見学会の前段としての意味合いも込め、龍居竹之介名誉会長による講演会「中京の庭鑑賞を前に」を開催いたします。

予備知識を得ての旅は、一層充実したものとなりますので、見学会参加ご希望の方は是非ご参加下さい。 

龍居竹之介名誉会長

◎鑑賞研究委員会主宰
龍居竹之介名誉会長 講演会 「中京の庭鑑賞を前に」

●日時:平成27年5月16日(土)13:30〜15:00 
●会 場:日本女子大学桜楓2号館302号室 
●参加費:会員・一般 2,000円 
●締切日:5月12日(火)

●申込み・問合せ:(一社)日本庭園協会
(お申込の場合は、質問記入欄にお申込の旨、ご記入ください)
TEL&FAX……03-3204-0595

【終了しました】100名を超える参加者がありました。ありがとうございました。(3/20追記)

------------------

鑑賞研究部では27年度 春の講演会として「尼博正氏講演会」を開催いたします。

テーマは「南禅寺界隈の庭を巡って」。

 尼博正先生は現在、京都造形芸術大学教授で日本庭園・歴史遺産研究センター所長を務められておられ、七代目小川治兵衛の研究や石造美術品の研究、文化財 庭園の修復整備の第一線で活躍なさっています。 

京都東山の山麓には平安の昔から琵琶湖疏水が開通した近代まで数多くの山荘、庭園群が造られ営まれてきました。風致に優れたそのような場所で育まれてきた庭園文化の魅力を語っていただけるはずです。 

多数の皆様の参加をお待ち致しています。

◎鑑賞研究部主催
尼博正氏講演会「南禅寺界隈の庭を巡って」

●日時:平成27年3月15日(日)13:30〜15:30
●会場:日本女子大学桜楓2号館 3階

●受講料:会員・一般2,000円 学生1,000円
●締切日:3月5日(木)※定員になり次第、締め切らせていただきます。
●申込み・問合せ:(一社)日本庭園協会(←お問い合わせフォーム)
TEL&FAX 03(3204)0595

1

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Link

Selected Entry

Archive

Mobile

qrcode

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM