江東区清澄三丁目にある清澄庭園は、1932年7月24日に開園され (開園面積37,434.32平方メートル)、昭和54年3月31日に東京都の名勝に指定されています。

この庭園は、明治11年、三菱財閥の創始者である岩崎彌太郎が、荒廃していた大名庭園を買い取り、改修を行い、明治13年に社員の慰安や貴賓を招待する場所として「深川親睦園」として命名した由緒ある庭園です。

 

1923年(大正12年)の関東大震災で庭園は壊滅的な被害を受け、邸宅も焼失しました。この状況の中で東京市の公園課長であった井下清の働きかけにより、1924年(大正13年)、3代目社長の岩崎久弥は庭園の東半分を寄贈し、市は大正記念館の移築(1929年5月竣工)など再整備を行い、市の庭園として開園しました。

 

開園からすでに85年が経過しており、東京を代表する庭園として定着しておりますが、日本庭園協会設立100周年記念事業の一環として清澄庭園の価値を再評価し、文化財庭園としての魅力を再発見する試みです。

 

 

◎龍居竹之介名誉会長 講演会

『清澄庭園の魅力をさぐる 〜近代庭園の原点〜』

 

講師:龍居竹之介名誉会長

 

日時:平成29年7月2日(日)13:00〜17:00

 

会場:清澄庭園 大正記念館

 東京都江東区清澄3丁目3

 

参加費:2,000円 当日払い

 

●申込み・問合せ:(一社)日本庭園協会

お問い合わせ・申込フォームはこちら

(お申込の場合は、質問記入欄にお申込の旨、ご記入ください)

TEL&FAX……03-3204-0595

 

※Facebookでのメッセージ・コメント等ではお申し込みできません。
上記、庭園協会事務局まで直接お申し込み下さい。


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

Link

Selected Entry

Archive

Mobile

qrcode

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM