2019年5月19日(日)、千葉県支部の皆様のご協力により、新緑の美しい庭園を参加者21名が見学しました。
10時30分にJR成田駅東口(参道口)に集合し、駅前から始まる成田山新勝寺参道を作庭者の加藤平一氏と歩きながら、前庭3か所、小滝とせせらぎの音に癒されながらTVで紹介されたと聞く露地庭園で小休止をとりました。

龍泉の湯(加藤平一氏作庭)

龍泉の湯(加藤平一氏作庭)

 

信徒会館から、昭和3年10月23日に開瀑式を行った雄飛の雄滝と雌滝、文殊の池、龍樹の池、龍智の池を見学しました。この庭園は、福羽逸人の一番弟子の林脩巳が設計し竣工しました。

成田山公園 龍智の池

成田山公園 龍智の池


午後は、まず、成田市松崎の龍泉の湯で、加藤平一氏から作庭意図の説明をを聞き、次いで、佐倉市鏑木町で、幕末最後の佐倉藩主堀田正倫の旧堀田邸(国指定重要文化財)と明治期の旧大名家の邸宅と前庭の広大な庭園(国指定名勝)(愛称 さくら庭園)を見学しました。

旧堀田邸

旧堀田邸

 

最後に、東京巣鴨の植木職、伊藤彦右衛門の作庭で、現在は手島氏所有、加藤新一郎氏がメンテナンスを担当される庭園で、斉藤勝雄(1893〜1987)の庭を見学しました。斉藤勝雄は九十九里町出身、田村剛に認められ、小川治兵衛のもとで修行をした作庭家です。多数の作庭を行い、多数の著書を出版しました。1938年にはアメリカでの万国博で日本庭園を作庭し、日本庭園協会の機関紙へも多数執筆されました。

個人宅(斉藤勝雄氏作庭)

個人宅(斉藤勝雄氏作庭)

 

予定の見学を終えて、JR佐倉駅で解散しました。加藤新一郎常務理事、村田義雄千葉県支部長をはじめ、大勢の皆様方にお世話になりました。

今後は、日本庭園がお好きな方々のご入会とご参加をお待ちしております。
(鑑賞研究委員会委員著 藤枝修子)


Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Link

Selected Entry

Archive

Mobile

qrcode

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM